2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 北海道伊達市の赤羽根を探して | トップページ | 東京湾河口から20km »

熱海市網代で、ウニの仲間 タコノマクラ

Tako01

 水深5m位の砂地に生息しているタコノマクラをご存知でしょうか。タコノマクラはウニの仲間で丸いウニを上から押して大福ぐらいの厚さにして、それを五角形に直したような姿をしています。
色は薄い褐色です。短い刺がありますが持っても刺されるような痛さはありません。
殻の表面に五弁の花か、見方によっては蝶が羽を広げて触角を伸ばしているようにも見える模様があります。この模様が綺麗で虜になってしまいました。

 海でダイビングをしていると簡単に見られるようですが、泳ぎと潜りが不得意なので実物を見る機会がありませんでした。

 この写真は熱海市網代産のタコノマクラです。網代は妻の実家で、家の近所のベカで漁をしている方に取ってきていただきました。その方は東海汽船の元船長さんで、熱海と初島と定期便に乗っていました。リタイヤ後、ベカで海老やアワビ漁をしていました。

 何かの本でタコノマクラが海老網に掛かっている写真を思い出して、その方にお願いしたところ気持ち良く引き受けていただきました。
初めていただいたタコノマクラは勿論生きていますので、小さな触手を忙しそうに元気良く動きまわっていました。
殻の裏側は中心から五つの隅まで引っ込んでいて自動車のクライスラーのマークにそっくりです。

 タコノマクラを千葉県勝浦市の「海の博物館」で実物に触れることがます。展示用の標本は処理をして白色なっていますがここでは濃い緑色をしています。

Tako02

 実物を触ると嬉しくなってしまいますよ。とても可愛らしくて。

 静岡県熱海市網代は、のんびりと時間が流れる温泉とお魚の町です。
 網代だよりをご覧ください。

« 北海道伊達市の赤羽根を探して | トップページ | 東京湾河口から20km »

07.網代だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/10743694

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海市網代で、ウニの仲間 タコノマクラ:

« 北海道伊達市の赤羽根を探して | トップページ | 東京湾河口から20km »

無料ブログはココログ