2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 桃の節句の楽しみは - ももやまの白酒 | トップページ | 横須賀ネットショップセミナーは勢いがいい »

不動産の相談で思うこと

 先日の不動産相談は、共有名義のマンションが離婚することで競売にならないか心配ですが」との相談。そして親より相続した土地建物の割合に対しての不満などの相談でした。

 友人より「会って聞いてもらえませんか」と言われた話は、土地の所有が特異なケースでした。しかし何とか解決策が見つかりました。

 幾つかの不動産相談を受けたことで感じることがありました。それは"自分は間違っていなくて、非は相手側にだけある"という考え方です。少しでも自分だけ得をしようと考えいることです。これでは、我がままな人ばかりになって揉め事ばかり増えてしまいます。
相手に対しての思いやり、ミスがあってもお互いに許し合い認め合うことがもっと大切ではないでしょうか。

 話は変わって、商店街のお店が元気がありません。売上が伸びないのは商店街の宣伝のやり方が悪い。今日は雨だからなどと他人のせいにしています。最後は来なくなったお客様のせいにしてしまう。

 でもそうでしょうか。時代も流行も常に変化しています。その変化に対応出来ていないため、お客様の要望に答えられなくなっただけだと思います。
 
 そしてこれらには共通項が見られます。
 自分が変化することを忘れているのです。自分が変わる。相手に対して思いやりを持って考えてみる。 自分を見つめ直して見ることが出来れば答えは出てくると思います。(今日は、教育論的になってしまいました。)

一緒に頑張りましょう 。お客様に支持され続けるように !!

« 桃の節句の楽しみは - ももやまの白酒 | トップページ | 横須賀ネットショップセミナーは勢いがいい »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

境界でもめる相手は、ほんとわがままな人が多いです。自分さえよければいいという人には何らかの形で必ずしっぺ返しがきますよね。来てもらいたいもんですが(笑)
都心のビルを売買するとき、必ず実測図付きの取引をしていますが、今後、境界確定はそんな形で、住宅地にまでびしっと出てきそうですね。ワシら不動産業者も法律どおりにただ印をつければいいだけでは役にたたなくなるかもしれませんです。

 若旦那 !! 新しいブログが好調のようですね。
 同業者にこの話をしたら、もっと凄い話を聞きました。
 四角い土地を縦に二等分して分譲したのに、横に二棟家が建っています。お互いに家が半分づつ相手の土地にはみ出しているのです。とても考えられません。
 いつも勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/8781274

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産の相談で思うこと:

« 桃の節句の楽しみは - ももやまの白酒 | トップページ | 横須賀ネットショップセミナーは勢いがいい »

無料ブログはココログ