2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« NHK・BS2衛星映画劇場、君の瞳に乾杯 | トップページ | 緑モスのフォカッチャ »

2006年、新社会人の部屋探し意識調査

 「HOME'S」を運営する㈱ネクストと㈱毎日コミュニケーションズが2006年4月から初めて社会人生活をスタートする大学生を対象に、部屋探しにおける意識調査を実施しました。

 調査の対象は今年度卒業見込みの大学4年生、短大2年生で、有効回答数は549件(男性:159件、女性:390件)。調査期間は05年12月15日(木)~06年1月22日(日)。

 部屋探しの際に重視する要素を9項目で提示し、その結果「時間的に利便性がある時間志向」「設備充実志向」「セキュリティ設備がある生活安全志向」「敷金・礼金割引などがある経済性志向」などが高得点となりました。  男女共通で高くなったのは「独立バス・トイレ・洗面」、「エアコン(備え付け)」、「収納スペース」などでした。

 男女間の差が大きいものでは、男性は「高速インターネット回線」「デザイナーズマンション」「ケーブルテレビ」が、女性は「2階以上」「室内洗濯機置き場」「オートロック」などを希望していることが分かりました。

 男性は生活を楽しみたいと考える人の割合が多く、女性はセキュリティに関連した設備・仕様が目立っています。
 部屋を決めるときに相談する相手は、「親に相談する」と回答したのが8割以上です。親以外では「友人」「彼、彼女」「4月から行く会社の人」などが高回答でした。

 新生活に取り入れたいインターネットサービスとしては、男性のうち4人に1人がオンライントレードを始めたいと考え、インターネットによる株の売買が一般的になりつつあることがうかがえます。女性ではmixiなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)の割合が高く、コミュニケーション重視の傾向があることが分かりました。

 新生活の住まいの予定は、「賃貸住宅に一人暮らし」(43.0%)、「親元・親族宅から通勤」(30.6%)。
 住まいの建物タイプは「マンション」(54.2%)、「アパート」(41.5%)、「社員寮」(14.9%)でした。
 間取りは1K(59.3%)、1DK(46.6%)、「ワンルーム」(29.7%)、1LDK(20.3%)、2K(5.9%)、2DK(5.1%)、2LDK(1.7%)でした。
 家賃額は「~5万円」(32.2%)、「~6万円」(24.2%)、「~7万円」(25.4%)、「~8万円」(11.4%)でした。
 
  HOME'S リサーチ・新社会人の部屋探し意識調査
  毎日コミュニケーションズ

« NHK・BS2衛星映画劇場、君の瞳に乾杯 | トップページ | 緑モスのフォカッチャ »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/8550269

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年、新社会人の部屋探し意識調査:

« NHK・BS2衛星映画劇場、君の瞳に乾杯 | トップページ | 緑モスのフォカッチャ »

無料ブログはココログ