2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 衆議院議員選挙 東京12区 | トップページ | シェイプアップマシーン ツイスト&シェイプ  »

東京都美術館に「古代エジプト展」を見てきました

ezi


 東京・ミュージアムぐるっとパス2005の使い始めに、東京都美術館で古代エジプト展を見てきました。
ルーブル美術館所蔵の55,000点の内名品約200点の展示でした。
NHKでも特集を組んでルーブル美術館のエジプトを放送しています。

 私の気に入ったのは、ジェドホルの石棺の蓋、パイのピラミディオン、サケルティのステラ、センウセルト3世坐像、神官パミィの木棺、書記チャウエンフイのシャブティ箱などです。

 ヒエログラフ(神聖文字)は文字自体が芸術作品のように美しいものです。王の名を讃えるレリーフや、鳥が手を拡げた動きのあるデザインも素敵でした。
石灰岩に彫ったステラも綺麗でした。 早稲田大学の吉村教授が発掘に夢中になるのが理解できます。

 この古代エジプト展を見るまで、ナポレオンがエジプトに関わっていたことを知りませんでした。砂漠の中で大神殿やスフィンクスを発見した時の驚きようは計り知れないでしょう。

 またヒエログラフを解読したシャンポリオンの偉業にも驚愕です。

 イギリスの大英博物館にあるロゼッタストーンとルーブル美術館のエジプトの展示を改めて見てみたいと思います。
 ルーブル美術館の3階には、アングルの泉もあります。これも必見です。
 

« 衆議院議員選挙 東京12区 | トップページ | シェイプアップマシーン ツイスト&シェイプ  »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/5764391

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都美術館に「古代エジプト展」を見てきました:

« 衆議院議員選挙 東京12区 | トップページ | シェイプアップマシーン ツイスト&シェイプ  »

無料ブログはココログ