2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 岩手県遠野市に赤羽根を探して | トップページ | 赤羽のお菓子の種屋 石井社長は剣舞の覇者です »

AUB ロボコン北京 2005

 アジア太平洋放送連合(AUB)に加盟する国の大学1,000余チームがロボットで得点を競う大会の決勝が、中国の北京で行われました。日本からは東京大学チームが参加しました。

 万里の長城をイメージした玉入れに、2チームが赤・青に分かれて自動ロボットを使うセンターゴール、アウトゴールと手動ロボットのコーナーゴールにボールを沢山入れて高得点が勝つルールです。 参加20チームが3チーム7組に分かれて、2勝すれば準決勝に進めます。

 スタート位置からいかに早くゴールに着き得点を入れることと、相手チームのボールを入れさせないように防御する工夫が見所でした。ボールを流し込むのが一番確実ですが、飛ばして入れる技術も素晴らしいものでした。

 東京大学チームは1勝1敗で予選敗退のところが、各組の2位の中で最高得点だったのでワイルドカードを獲得して、運良く準決勝へと進めました。

 得点が高いセンターゴールに確実にボールを入れることが勝利へと結び付きます。中国の北京科技大学・ハルビン工程大学と香港の香港科技大学は、コーナーゴールに入ったボールを吹き飛ばす仕組みがあって塾考した様子がありました。さすがです。

 断トツの実力のロボットではなかったけれど、終わってみれば東京大学チームが優勝をしていました。運が強いことも大切なことです。

 中国の2チームも技術力が高くて各賞を受けました。東京大学チームが最初に対戦して負けてしまったエジプトのテンス・オブ・ラマダンシティ工科大学が完成度としては上で、AUB ロボコン大賞を受賞しました。

 勝ち負けに関係なくこの賞を受賞することが一番だと思いました。

« 岩手県遠野市に赤羽根を探して | トップページ | 赤羽のお菓子の種屋 石井社長は剣舞の覇者です »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AUB ロボコン北京 2005:

« 岩手県遠野市に赤羽根を探して | トップページ | 赤羽のお菓子の種屋 石井社長は剣舞の覇者です »

無料ブログはココログ