2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽の美味しい蕎麦の店 赤羽屋 | トップページ | 映画「タナカヒロシのすべて」を見て »

成田空港で出会った、ジョニー・アリディとシルビー・バルタン夫妻

 GEKOさんが友人数人と韓国に行きました。ハングルを勉強していましたから成果はあったと思います。
土砂降りの中、船上からの韓国の夜景は素晴らしかったそうです。
 飛行機は成田か羽田からでしょうか。成田空港には思い出がありました。

 ハイヤー会社の新橋営業所に勤めていた頃、多少英語が話せるという理由で北欧のフィンランド航空・スカンジナビア航空の営業担当をしていました。
 成田空港での出発便・到着便の送迎もしていました。
 お客様は、ファーストクラスかビジネスクラスで、外国のお客様のお迎えには、随分と気を使いました。
 テレビなどで空港内を写している時に名前を書いたプラカードを持った人を見かけますが、それと同じことをしていました。
うまくドッキング出来ないと仕事になりません。
ほとんどの場合は車の乗務員がお迎えしますが、重要と思える時には成田空港まで、お迎えに行きました。

 思いがけない嬉しいこともありました。
担当の配車を終えてアークヒルズ営業所の手伝いをしていた時、フランスの歌手ジョニー・アリディとシルビー・バルタン夫妻のお車に当たったことです。
 ルイ・ヴィトンのカバンを車のトランクに積み込み、間近かに見たシルビー・バルタンは当時からあこがれの人でしたから、胸がドキドキして車が出発した後もしばらく呆然としていました。

 前から分かっていたらサインをお願いしたのにとか、後で色々と考えたりしていました。

« 赤羽の美味しい蕎麦の店 赤羽屋 | トップページ | 映画「タナカヒロシのすべて」を見て »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/4783496

この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港で出会った、ジョニー・アリディとシルビー・バルタン夫妻:

« 赤羽の美味しい蕎麦の店 赤羽屋 | トップページ | 映画「タナカヒロシのすべて」を見て »

無料ブログはココログ