2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 湘南国際村センター・合宿研修 | トップページ | 不動産相談日でした »

国立科学博物館にティラノサウルス・"スー"の全身複製骨格が

tyranno

 国立科学博物館にティラノサウルス"スー"の全身複製骨格がやって来ました。
化石に名前が付いているのは、何故だか興味深々です。 

 "スー"は、1990年8月、アメリカのサウスダコタ州で発掘され、発見者のスーザン・ヘンドリクソンの名前から"スー"と名付けられました。
ティラノサウルスは今から6,500年前の白亜紀に生息していました。

 全長12.8m、体重およそ10トンの "スー"の発見によって今までの常識が変わりました。
体の一部が傷ついていることと、骨が折れて直っていることです。
それは、ティラノサウルスが単独ではなく、家族などの単位で行動していたらしいと推測されるのです。

 そして"スー"は数奇な運命に振り回され始めます。
化石調査中の1992年、土地の所有者の訴えでFBIが研究所から化石を持ち出しました。
何とその後、サザビーズのオークションで、1997年760万ドルの高値で落札されました。

 当時の地球で生物界の頂点に立っていた恐竜・ティラノサウルスは全て滅んでしまい。
現在はその子孫と考えられている、より小型の鳥類が生き残っています。

 これは、人類にも当てはまります。
生きものの頂点として奢ることなく、「他の生き物と共に生きている」ことを考えさせられました。

« 湘南国際村センター・合宿研修 | トップページ | 不動産相談日でした »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館にティラノサウルス・"スー"の全身複製骨格が:

« 湘南国際村センター・合宿研修 | トップページ | 不動産相談日でした »

無料ブログはココログ