2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 花粉の来襲で | トップページ | 桜の花が咲く頃なのに »

アルビノーニのアダージョを聴きながら

 カラヤン指揮によるアルビノーニのアダージョを聞きながら、管理駐車場を見回っていました。
パッヘルベル、J.Sバッハ、アルビノーニなどバロック時代の作曲家の作品はゆったりとしていて、心が落ち着きます。

アルビノーニのアダージョは病院で精神療法にも使われると聞いたことがあります。心を落ち着かせるのにとても良い曲です。

 一時降った雨も上がって、車の上に黄色く水分の蒸発した跡が付いています。これは杉花粉だ。
しかし凄いですね、今年の杉花粉は今までとは桁違いです。「これでもか」と言っているみたいです。
しばらく外出は控えているしかありません(全く無理な話ですが)。

« 花粉の来襲で | トップページ | 桜の花が咲く頃なのに »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/3365121

この記事へのトラックバック一覧です: アルビノーニのアダージョを聴きながら:

« 花粉の来襲で | トップページ | 桜の花が咲く頃なのに »

無料ブログはココログ