2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 埼玉県北本市北本自然観察公園に | トップページ | クロスバイク・ラレーで荒川を下る »

たばこと塩の博物館と太田記念美術館に浮世絵を見に

 花粉が沢山飛び始める前に浮世絵を見て回りました。
始めに渋谷のNHK放送センター近くにある、たばこと塩の博物館で「浮世絵花ざかり」を。
 今回の企画は華やかな美人画とか役者絵ではなくて、切り抜いたり組み立てたりして遊ぶおもちゃ絵や、クイズのような判じ絵、地震、幕末の世相を風刺している絵などです。
 浮世絵が江戸庶民の暮らしに深い関わりを持っているこたが判ります。
 また王子の飛鳥山、隅田川界隈や役者絵とともに桜が描かれている浮世絵もありました。
 これで入館料100円は安すぎます。

 続いてそのまま歩いて原宿に向かい、太田記念美術館へ。
 開館25周年を記念して「太田記念美術館名品展」では喜多川歌麿、葛飾北斎の版画肉質画など展示されています。
お目当ては喜多川歌麿ですが、そのほかに葛飾北斎の源氏物語図、芝江漢・安藤広重また東洲斎写楽の「三世坂田半五郎の藤川水右衛門」もあり、充実した時間が過ごせました。
 気分がいいので帰りは明治神宮に参拝して帰りました。

« 埼玉県北本市北本自然観察公園に | トップページ | クロスバイク・ラレーで荒川を下る »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/2811377

この記事へのトラックバック一覧です: たばこと塩の博物館と太田記念美術館に浮世絵を見に:

« 埼玉県北本市北本自然観察公園に | トップページ | クロスバイク・ラレーで荒川を下る »

無料ブログはココログ