2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« バーバラ・コーコラン著「大きなケーキは人にゆずろう」を読んでいます | トップページ | 三味線の俗曲で「今年ゃ何だか面白い」 »

セキセインコのルルが卵を

 去年の9月の初めに我が家にやって来たセキセインコのルル。
手乗りにしたくって生後間もないヒナを買いました。

むき餌をお湯に浸けて柔らかくして、それを冷ましてから玉子の黄身の粉を加えて食べさせていました。
 最近尻尾の羽も伸びてもうすっかり大きくなったなと思っていたら、暮れから最近にかけて6個も卵を産んでいました。
 雄だとばっかり思っていたのでみんなびっくりしました。

 籠の掃除をしようとするとギギギギと怒ったりするので何か変だなと感じていましたが、最近では籠の底にうずくまって卵を暖めるようにじっとして動きません。
手を出すと、ギギギギと怒ります。

 一羽ですから無精卵なのでかえらないのですが、それまでの籠の外に早く出してと煩かったのが嘘のようです。
落ち着くのはいつになるやら。

« バーバラ・コーコラン著「大きなケーキは人にゆずろう」を読んでいます | トップページ | 三味線の俗曲で「今年ゃ何だか面白い」 »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/2538041

この記事へのトラックバック一覧です: セキセインコのルルが卵を:

« バーバラ・コーコラン著「大きなケーキは人にゆずろう」を読んでいます | トップページ | 三味線の俗曲で「今年ゃ何だか面白い」 »

無料ブログはココログ