2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 私のお気に入り 図書館 | トップページ | 岐阜県各務原市へ赤羽根を探しに  »

灯火親しむ候 「バカの壁」を読んでいます

kabe.jpg

 タイトルの「バカ」が気になって読まずにいました。著者の養老武司さんはご存知のように、東京大学医学部を卒業後、同大学医学部教授を退官、現在は北里大学教授、東京大学名誉教授だそうです。       
 単純な一次方程式から始まって宗教・脳の話、「平家物語」「方丈記」、モーツァルトの音楽についてと博識が多岐にわたっています。
 一回読み終わりもう一度読み返しましたが、人間学の哲学書だと感じました。
 本書の中で「問題に対しての答えが一つだけでは無く、いくつも有り得る」と言う言葉に共感を覚えました。
 また、それぞれの共同体としての共通意識の尺度に、私も違和感を感じていましたので思わず納得でした。

徳川家康は二巻目に入りました。

« 私のお気に入り 図書館 | トップページ | 岐阜県各務原市へ赤羽根を探しに  »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/2132808

この記事へのトラックバック一覧です: 灯火親しむ候 「バカの壁」を読んでいます:

« 私のお気に入り 図書館 | トップページ | 岐阜県各務原市へ赤羽根を探しに  »

無料ブログはココログ