2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« ジャパンホーム&ビルディングショー2004 | トップページ | 私のお気に入り 図書館 »

上野の森美術館 に「大兵馬傭展」を見に

heibayou.jpg

 中国の西安、秦の始皇帝陵から東に約1.5Km、りんご畑の農民によって1974年に発見された兵士や馬をかたどった傭・兵馬俑(へいばよう-死者を埋葬するときに埋める人や馬の埴輪のような物)。 
秦の始皇帝が生み出した人間や馬の造形です。
 秦の始皇帝が帝国の不滅と不老不死を願って地上の栄華を再現させた、巨大な地価帝国の一部です。
司馬遷の「史記」に書かれていて幻と言われていた史実が実証されたのです。
 現在もまだ発掘作業が続いています。
今回の展示で、「文官傭(官僚) 」「百戯傭(力士)」などが初公開されました。
 決して本物を外国に持ち出さないと言われている中国から実物がやってきました。
展示物は約130余点と比較的少ないのですが、約2200年前の偉業を垣間見ました。

 いつか西安に行って壮大な兵馬傭の実物を見たいと思っています…中国のトイレ事情が良くなったら…。
 ハスの葉で一面が覆われている不忍池を見ながら、昼食をうなぎの美味しいお店「伊豆榮」でいただきました。
今日は祭日でこちらも混んでいました。

« ジャパンホーム&ビルディングショー2004 | トップページ | 私のお気に入り 図書館 »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/2044310

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の森美術館 に「大兵馬傭展」を見に:

« ジャパンホーム&ビルディングショー2004 | トップページ | 私のお気に入り 図書館 »

無料ブログはココログ