2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 灯火親しむ候 ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読んでいます | トップページ | WPC EXPO 2004に »

埼玉県立近代美術館に「マン・レイ展」を見に

manray.jpg

 埼玉県立近代美術館はJR北浦和駅西口から3分の北浦和公園内にあります。
マン・レイ展が27日までと聞き早速行ってきました。

 マン・レイ(1890-1976)はモード写真やピカソなどの著名人の肖像写真、ユーモラスなオブジェを製作していた芸術家です。

マン・レイが生きた時代は二つの世界大戦がありました。
この時代背景の中で人間存在の意味を探し求めていたのです。

 2002年5月、渋谷 bunkamura ザ・ミュージアムで開催されたマン・レイ写真展に比べてモード写真などの作品が少なくて、マン・レイの創作活動を理解するのにボリューム感に物足りなさを感じました。 ちょっと残念 !

« 灯火親しむ候 ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読んでいます | トップページ | WPC EXPO 2004に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/1722269

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県立近代美術館に「マン・レイ展」を見に:

« 灯火親しむ候 ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読んでいます | トップページ | WPC EXPO 2004に »

無料ブログはココログ