2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

成分献血を始めてみました

kenketu.jpg

 池袋の献血ルームぶらっとで成分献血をして来ました。
 40才を過ぎてから初めて成分献血をするときは心電図を先に撮ります。特に問題はなかったので、成分献血を始めました。
血液を一度抜きそして必要な成分だけを分離してそれ以外を体に戻す、この工程を2回位繰り返えします。
時間にして40~50分。横になってCATVを見ていると直ぐです。

 献血ルーム内を見回すと成分献血をしている割合が高いのに気が付きました。
聞いてみると、400mlの献血だと体に負担がかかって年に3回までしか採ること出来ないのに、成分献血だと必要な成分だけなので、2週間を空ければまた出来るとのことでした。
献血は体に負担の少ない成分献血に移行しているようでした。

 確かに終わった後の疲労の回復具合も違っているようでした。
 
 またポイントを集めてキティちゃんグッズも貰えます。
 献血・成分献血に参加してみませんか !

群馬県立自然史博物館に

gunma.jpg

 新潟の地震が続いていますが、前からの予定なのでバス3台で群馬県富岡市の群馬県立自然史博物館に出かけました。
思っていたより関越道は混み合っていませんでした。
 磯部温泉で昼食をした後で群馬県立自然史博物館に向かいました。
高台のもみじ平公園の中に群馬県立自然史博物館があります。
他にかぶら文化ホール・富岡市立美術館・野球場・体育館・陸上競技場などの設備もあります。
紅葉も始まっていて澄んだ空気と共に清々しい気持ちになりました。
 群馬県立自然史博物館には、地球の生い立ちや生命の進化の歴史、群馬県の自然と環境などを学べる施設。恐竜などの標本が展示してあります。
 入って驚いた事は、やはり恐竜の骨格標本の大きさです。
実際に見てみるとこんなにも大きいとは考えてもいませんでした。
太古の時代には大きな生物達が地球上を歩き回っていたのですね。
 標本の保存の仕方も良いです。
魚などの水生動物などをアルコール漬にしないで、アクリル材などで被い包む保存方法だと表面の色素などが退色しません。
そして化石類の豊富さも素晴らしいものです。また分類が分かりやすく展示されていました。
 是非一度見に行ってください。

 

私の隠れ家、ごはん処 美松に

kakurega2.jpg

 JR池袋駅から3~4分歩いたところにある、ごはん美松が私の隠れ処です。
 テーブル席四人掛けが二つ、二人掛けが一つ、三席のカウンター、女将さんと息子さんが経営するこじんまりとした和食のお店です。
池袋のざわめきが途絶え始めるあたりですが、必ず待っている人がいます。
 ここはKさんの馴染みの店で、Kさんと池袋で会うときは大体この店に決まりです。
何品かのつまみとビール・日本酒を呑んだ後、定食を食べます。
 Kさんは高校からの友人で宝石商を営み、日本酒が大好きで焼き物の器が趣味です。
 そんなお客さんの影響か、ごはん美松さんのご飯茶碗やぐい飲みに山形県の平清水焼を使っています。
この焼き物は原土に含まれる鉄分のにじみ出た梨青磁と呼ばれて、青みがかった梨肌が特徴で温もりと優しさが感じられます。
 また日本酒は福島県大七酒造株式会社の"大七純米生もと"です。
生もと造りにこだわった酒が頂けます。
 そして、定食はいつもの"麦とろ定食"、ごはんが麦と五穀米のどちらかを選べます。

WPC EXPO 2004に

winpc.jpg

 アジア最大のデジタル総合展WPC EXPO 2004を見に東京ビックサイトに行って来ました。
入口は招待券・事前登録などに分けられていて混雑していました。

 私は去年事前登録をしましたので招待券が届きました。
会場はPC/ネットゾーン・AV機器/モバイル/デジカメゾーン・ビジネスゾーンなどに分かれていて、中国・台湾・KOREAなど外国からの企業の参加もありました。

 私はパソコンで富士通・東芝・NECを、デジカメでCANON・オリンパスを、プリンターでCANON・エプソンを、ブロードバンドで東京電力・NTTなどを中心に見て周りました。

 FTTHサービスで光・IP電話とブロードバンドの今後が気になりました。
 WPCフォーラム、ダンスのパフォーマンス、スタンプラリー、各ブースのコンパニオンを熱心に写しているカメラマンなどで会場内は賑わっていました。

埼玉県立近代美術館に「マン・レイ展」を見に

manray.jpg

 埼玉県立近代美術館はJR北浦和駅西口から3分の北浦和公園内にあります。
マン・レイ展が27日までと聞き早速行ってきました。

 マン・レイ(1890-1976)はモード写真やピカソなどの著名人の肖像写真、ユーモラスなオブジェを製作していた芸術家です。

マン・レイが生きた時代は二つの世界大戦がありました。
この時代背景の中で人間存在の意味を探し求めていたのです。

 2002年5月、渋谷 bunkamura ザ・ミュージアムで開催されたマン・レイ写真展に比べてモード写真などの作品が少なくて、マン・レイの創作活動を理解するのにボリューム感に物足りなさを感じました。 ちょっと残念 !

灯火親しむ候 ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読んでいます

momo.jpg

 ミヒャエル・エンデ著の"モモ"を読みました。
はてしない物語(ネバーエンディング・ストーリー)を書いた作家と言ったが分かりやすいと思います。
サブタイトルに時間泥棒と盗まれた時間を人間に取り返してくれた女の子の不思議な物語とあります。

 主人公モモは孤児でありながら人の話を聞く能力に優れ、仲良しの二人・道路掃除夫ペッポと観光ガイドのジジと共に時間泥棒団と戦っていく物語です。

 場面は古代の円形劇場の廃墟に、モモが移り住みそれを暖かく見守っていく住人達との様子から始まっていきます。
道路掃除夫ペッポは、すぐに終わりそうも無い仕事には、無理をせず疲れたらひと休み、元気になったらまた働くと同じ仕事でも楽しく出来るし、上手くはかどるもんだと言い。
観光ガイドのジジは口達者で将来は金持ちになる夢を持っています。

 ある頃から「あなたが必要としているのは、時間だ。そうでしょう。」と灰色の紳士が町に入り込んでくる。
 不思議の国のアリスのような時間の国に住むマイスター・ホラとカメのカシオペイア。
 モモが言います。
「さわることも出来ない。つかまえられもしない。においもない。時間はとっても静かな音楽かな。」

 はてしない物語(ネバーエンディング・ストーリー)と同様に児童書にしては子供達だけでなく大人にも薦められる何度も読み重ねて行きたい本です。
 忙しくて時間がないと言う方に特にお薦めです。

漢字検定準2級を勉強中です

 漢字検定準2級の問題集をやっと1回勉強しました。
漢字検定3級に比べて中々難しいですね。50点ぐらいの出来でした。
 
 難しいところは二字熟語の構成で、5種類の分類に分けるのですが、たとえば…
 同じような意味の漢字を重ねたもの  
 下の字が上の字の目的語・補語になっているもの などに引っ掛かってしまいます。

 また部首と部首名も難しいのがあります。
 罷免の罷の部首は頭にある四で部首名は"あみがしら"と読みます。
 舗道の舗の部首は舌で部首名は"した"です。
 そして弊害の弊の部首は下にあるサで部首名は"こまぬき"と読みます。

 こんなことを書きながら憶えようとしています。今日も頑張ろう。

マイ・トレーニング コース、西が丘サッカー場と国立スポーツ科学センター周り

martian.jpg

 仕事の事務処理で一日店舗から外に出られない日などには、会社の終了後に夕食を食べてからトレーニング(散歩) に出かけます。

JR.赤羽駅の東口から弁天通りを抜けて西が丘サッカー場と国立スポーツ科学センターの周りを1周して来ると40分から50分、万歩計で7000歩を超えます。
 西が丘サッカー場と国立スポーツ科学センターは1周で1100m、慣れた人はランニング・競歩・散歩で何周も回っています。

 ここを歩き始めて足掛け8年になりました。9月は暑かったので2回でした。
 運動不足の解消にとJR..赤羽駅周辺をあちこちと歩いてみて今のコースに決まりました。
この道は歩道が比較的ゆったり取ってあって車の台数が少なく、排気ガスを気にしないで歩くことが出来ます。
また歩いている人が多いのでめげる事もありません。いつもの人達もたくさんいます。

 写真は今年の春に、月に火星が接近したときの写真です。火星は月の左下に涙が落ちたように見えます。
 ランニングは一人が多いのですが歩く人は2人連れが多いかもしれません。
また左周りに回っている人が多くいます。私はゆっくりと歩いているので抜かれてばかりです。

 20年ぶりぐらいに人間ドッグをしたら、体調は特に悪いところも無くて善玉コレステロールを増やすためにも運動、散歩を勧められました。
紅葉を見ながらの王子の音無川も素敵です。
 これからの季節は散歩にもってこいです。
 いつもの皆さん明日またお会いしましょう。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

無料ブログはココログ