2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 思いがけないクリスマスカード | トップページ | 我が家の新しい住人、セキセインコの"ルル" »

東京商工会議所渋谷支部主催のセミナーで、SHIBUYA109を見る機会がありました

109.jpg

 東京商工会議所渋谷支部主催の販売力強化セミナーでSHIBUYA109が見学出来る機会がありました。
早速飛び入りで参加しました。

 SHIBUYA109はご存知の通り道玄坂2丁目の角地に建つ、地下2階~地上8階の建物で、流行をリードしてきたファッションビルです。
 婦人服・バッグ・アクセサリー・シューズ・雑貨・飲食店などの店舗があって、10代~20代の女性にターゲットを絞り込んでいます。

 始めに参加者は班分けされ、見学の際の注意事項を聞きチェックリストに記入していきます。
同じ班には革製品の製造販売をしているAさんと、SHIBUYA109には週に一回は行くと言うSさんの頼もしいメンバーがいました。

 各店を見ながら、"他店に無い商品・品揃えを心掛けている。"とか、"店内には清潔感が溢れている。"とか、"顧客を待つ姿勢と態度 "などを採点していきます。

  各班に分かれてSHIBUYA 109を1時間30分の見学です。
Sさんの意見を参考にして6階のMATERIAL GIRLから見始めました。
ここは浜崎あゆみ( あゆ )の店です。どの店もユーロビートの曲がガンガンにかかっていて元気いっぱいです。
次は5階のLDSです。ドンキホーテみたいな死角がある展示方法で、参加者間で意見が分かれました。
すでに秋冬物の商品も充実していました。

 続いて4階のEGOIST、ここはかって有名なカリスマ店員がいたところです。
同じ4階で、壁が暗い色で飾りつけのシンプルなBARAKはシックで落ち着ける雰囲気でしいた。
2階のCECIL McBEEは外国の有名ブランド店みたいな造りで個人的にはここが一番気に入っています。
最後にB2階のSnatchです。アメリカ西部開拓時代がメインテーマと思われます。年齢層は少し高めでしょう。
 
 私がSHIBUYA 109を見学希望したのは、テナントビルの管理と出店の業務に携わっているからでした。

 東京商工会議所渋谷支部の担当者の方々、セミナー主催の担当者の方々、同じ班のSさん、そしてAさん色々と有り難うございました。

« 思いがけないクリスマスカード | トップページ | 我が家の新しい住人、セキセインコの"ルル" »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/1493718

この記事へのトラックバック一覧です: 東京商工会議所渋谷支部主催のセミナーで、SHIBUYA109を見る機会がありました:

« 思いがけないクリスマスカード | トップページ | 我が家の新しい住人、セキセインコの"ルル" »

無料ブログはココログ