2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

赤羽小学校運動会

undou2.jpg 赤羽小学校の運動会が、雨で順延になって2004年9月28日(火)に行われました。朝方は曇っていましたが、昼ごろから雲も切れて晴れ間が出てきました。秋晴れです。
 開会式の後、紅白に分かれて応援合戦が始まりました。白組からは"運動会・着ている服は・白勝った"と囃し立てます。赤組もそれに続きました。
 そして競技が始まりました。4年生の80M走、1・2年生のおどるポケモン玉入れ、5年生の100M走とかけっこが続きます。私と私の子供たちも赤羽小学校の卒業生です。私は少し(?)太っていたのでかけっこは苦手でした。
 子供たちの競技に合わせてカメラ・ビデオなどで撮影する大人たちもあちらこちらと動き回っています。
  お昼休みを挟んで、午後は赤羽小学校のマーチングバンド「レッドウイングス」の演奏からスタートです。続いて1・2年生のあばれ太鼓、3・4年生の綱引き、高学年の紅白対抗のリレー、最後に生徒全員で大玉送りでした。1~3年生は地面の上を転がして4~6年生は頭の上に持ち上げて運びます。2回やって赤組白組各1回ずつ勝ちました。
undou01 子供たちも父兄もみんな一生懸命でした。すこし汗をかいて心地よい気分でしょう。今年の運動会は白組が僅かの差で勝ちました。でも勝ち負けは二の次です。今日も一日楽しかったと思います。

我が家の新しい住人、セキセインコの"ルル"

ruru.jpg

 9月1日に我が家に新しい住人がやって来ました。セキセインコの"ルル"です。
小さな声で「ルルル」と鳴いていたのでルルです。
手のひらの中に産毛姿で、心臓の鼓動だけが大きく動いてました。

 生後まもなくなので餌は、むき餌をお湯で柔らかくして口に入れていました。
お腹を膨らませるだけ膨らませると一時静かになります。こしらえた巣は気に入らないのかすぐに飛び出したりもしていました。
今年は猛暑のおかげで夜の温度の低下も少なく、順調に育っていきました。
 ルルはくしゃみとか、爪を切る音に反応してルルルと鳴きます。

 一週間位前から盛んに羽を羽ばたかせるので籠の外に出したら、それまで暗いところに隠れたりしていたのが、今では人の顔を見るなり籠から出してくれと羽をばたつかせます。

でもまだ飛びたい方向に飛ぶことと、着地が上手く出来ません。 さあ練習 ! 練習 !

東京商工会議所渋谷支部主催のセミナーで、SHIBUYA109を見る機会がありました

109.jpg

 東京商工会議所渋谷支部主催の販売力強化セミナーでSHIBUYA109が見学出来る機会がありました。
早速飛び入りで参加しました。

 SHIBUYA109はご存知の通り道玄坂2丁目の角地に建つ、地下2階~地上8階の建物で、流行をリードしてきたファッションビルです。
 婦人服・バッグ・アクセサリー・シューズ・雑貨・飲食店などの店舗があって、10代~20代の女性にターゲットを絞り込んでいます。

 始めに参加者は班分けされ、見学の際の注意事項を聞きチェックリストに記入していきます。
同じ班には革製品の製造販売をしているAさんと、SHIBUYA109には週に一回は行くと言うSさんの頼もしいメンバーがいました。

 各店を見ながら、"他店に無い商品・品揃えを心掛けている。"とか、"店内には清潔感が溢れている。"とか、"顧客を待つ姿勢と態度 "などを採点していきます。

  各班に分かれてSHIBUYA 109を1時間30分の見学です。
Sさんの意見を参考にして6階のMATERIAL GIRLから見始めました。
ここは浜崎あゆみ( あゆ )の店です。どの店もユーロビートの曲がガンガンにかかっていて元気いっぱいです。
次は5階のLDSです。ドンキホーテみたいな死角がある展示方法で、参加者間で意見が分かれました。
すでに秋冬物の商品も充実していました。

 続いて4階のEGOIST、ここはかって有名なカリスマ店員がいたところです。
同じ4階で、壁が暗い色で飾りつけのシンプルなBARAKはシックで落ち着ける雰囲気でしいた。
2階のCECIL McBEEは外国の有名ブランド店みたいな造りで個人的にはここが一番気に入っています。
最後にB2階のSnatchです。アメリカ西部開拓時代がメインテーマと思われます。年齢層は少し高めでしょう。
 
 私がSHIBUYA 109を見学希望したのは、テナントビルの管理と出店の業務に携わっているからでした。

 東京商工会議所渋谷支部の担当者の方々、セミナー主催の担当者の方々、同じ班のSさん、そしてAさん色々と有り難うございました。

思いがけないクリスマスカード

santa.jpg

 教室からの帰り道。
 パクヨンハの期別が流れている車の中、カフェラテを飲んで一息ついていたら 「これ憶えている」 と言って見せられたのは、二つに折られた小さく細長いクリスマスカードでした。
 そうだもう30年ぐらい前のこと、私の字です。
 
 … 雪がしんしんと降る そんなクリスマスだといいね 僕達二人はその時 ジングルベルの鳴る中を 薄っすらと白く化粧した町を 歩いているかな …
 
 きっと"冬のソナタ "の雪の中でのワンシーンと重なり合って、思い出して持ってきてくれたのでしょう。
 
 初めてのドライブで赤城山へ行ったこと。綺麗な星空が見たくて山中湖に行ったこと。
次々に走馬灯のようによみがえってきます。
車は今と同じスカイライン2000GTで、テールランプは四角いタイプでした。
 でもこのクリスマスカードをまだ持っていたことに驚きと、それにも増して嬉しさがこみ上げてきます。
 
 こんなとき、脳の中にはアルファル波が沢山出ているのでしょうか。
自然と素直な自分をさらけ出してしまいます。
 
 

2004 F1第15戦イタリアGP

 ポールポジションはフェラーリのルーベンス・バリチェロ、フロントロー(2番手)はマクラーレン・メルセデスのフアン・パブロ・モントーヤ、3番手にフエラーリのミハイル・シューマッハ。
今回もフェラーリに楽な展開になると思っていたら大間違い、とんでもない事になってしまいました。
 
 スタートの1時間30分ぐらい前まで雨が降っていた影響で、タイヤの選択が重要な要素になっていました。
ルーベンス・バリチェロは雨用タイヤを選び、他のドライバーの多くは晴れ用のタイヤを選んでいました。
 スタート直後は快走に走っていたバリチェロは直ぐに追いつかれて、タイヤ交換を余儀なくすることで1回多くピットストップすることになりました。
またミハイル・シューマッハは一周目に追突されてなんと15番手まで順位を後退してしまいました。
 
 これではミハイル・シューマッハでももうだめだと思っていたのですが、周回ごとにポジションを上げてきます。
その強さに目を見張る思いでした。
こういうレースを見るのは嬉しいですね。フェラーリの安定性と力強さにワクワクしていました。
 30周目にトップのウイリアムズBMWのジェンソン・バトンに、約26秒も離されていたルーベンス・バリチェロはその後の13周でジェンソン・バトンを抜いてトップに躍り出ました。
 
 そしてフィニッシュはルーベンス・バリチェロが優勝、2番目にミハイル・シューマッハでした。
 もう何度か録画で楽しめそうです。
 そして今年もF1グランプリはあと3戦です。中国・日本とブラジルになりました。

漢字検定準2級をめざして

 もうすぐ漢字検定の試験があります。
 今年の春に真面目に勉強しない割には運よく、漢字検定3級を合格出来ました。それに気を良くしてまだ憶えている内に漢字検定準2級も受験することにしました。

 漢字検定の主催は(財)日本漢字能力検定協会で、文部科学省が平成4年に認定した技能検定です。
各級は1級・準1級・2級・準2級・3級~8級まであります。
漢字検定準2級は小中学校で学習する常用漢字300字程度を理解し適切に使える範囲だそうです。
漢字検定2級以上を持っていると、大学受験の時優遇されることもあるそうです。

 問題集を進めていると筆順を間違えていたもの …偽 や  部首が分からなかったり、読み方が難しものもありました。
 …缶( ほとぎ) 欠( あくび・かける) 頁( おおがい) など、部首名は忘れているのがありました。
そして熟語の構成のしかたに、よく引っ掛かってしまいます。
下の字が上の字の目的語・補語になっているものなどです。
早い話よく問題を読まない、おっちよこちょいなんです。

 でも頑張りますよ。目標は漢字検定2級です。来年中には報告が出来ますように。 

赤羽八幡神社例大祭 本祭り

hatiman04_4 9月11日と12日は天候に恵まれました。
 小さな半纏を着飾った子供達に引っ張られた山車と子供神輿は、11日は午後1時に八幡神社第二区の御酒所を出発して町内を回ります。所々でお祝いや食べもの、飲み物を頂いて小休止します。天気が良かったので冷たい飲み物はどこでも人気です。太鼓に合わせて進む山車に、「わっしょい・わっしょい」の掛け声で盛り上がる子供神輿、行程は1時間30分ぐらいでした。最後に御酒所に戻ってお土産のお菓子と飲み物がもらえます。お疲れ様でした。明日もまた来てね。
hatiman02_2 12日は快晴です。今日は午前と午後の二回練り歩きます。午前は10時から昨日と同じ八幡神社第二区の御酒所から町内を回わって御酒所までのコース。午後1時からは赤羽小学校に各地区の子供神輿と山車が集合です。大人の神社神輿も来たので大賑わいです。今年の白鳥(神社神輿を担ぐことを認められた白い衣装を着た人の呼び名)は、300人以上集まったとか賑やかでした。
 赤羽小学校からは、まず神社神輿の大小二基の神輿が出発、続いて子供神輿と山車です。赤羽駅東口広場前にその全てが集合したので駅前は大混雑、飲み物も飛ぶように売れていました。ここからは各地区の子供神輿と山車は分かれて進みます。神社神輿の大小二基はその全てを回って歩きます。宮入は多分夜の9時ごろになるのでは。
 例大祭の間子供達の怪我もありませんでした。子供達は喜んでくれたでしょうか。赤羽八幡神社の例大祭は2年に1回です。再来年もまた来てください。私達も楽しみにしています。

赤羽八幡神社例大祭 祭りの準備

hatiman04_3 9月8日・9日と午前9時に集合して、御酒所開設の準備です。私は二区に所属するので御酒所は、宝幢院の近くの旧材木屋さんの所です。凛々しい大人の神社神輿は青年総代が担して、私達は子供神輿と山車を受け持っています。
 八幡神社の境内奥にある神輿蔵から御酒所設営の道具を運び出します。屏風、赤白の幕、提灯、祭壇の器、電球、テーブルなど、かさ張りますが距離はすぐ近くです。二日間で御酒所と接待所が出来上がりました。
 祭りにはお酒が付き物で、昼間からかなりのアルコールが入っています。
hatiman01_2 9月10日今日は、子供神輿と山車を御酒所まで下ろす日です。八幡神社に午前8時に集合して、まず子供神輿の飾り付けをします。しめ縄は独特の縛り方をします。この縛り方一つで神輿は立派に栄えます。二区にはこのしめ縄の達人「川栄の章ちゃん」がいます。ご存知の方もいると思います。うなぎと焼き鳥のおいしい店です。章ちゃんのお蔭で立派な子供神輿と山車が出来上がりました。
 飾りつけが済むと子供神輿は八幡神社神主様より御祓いを受けます。そして午後に御酒所が八幡神社神主様より御祓いを受け準備は終わりました。
 例年赤羽八幡神社例大祭は雨に振られることが多いのですが。明日、明後日はきっと良い日になると思います。皆さん楽しみにしていてください。そして是非ご参加してください。

SF禁断の惑星を見て

sf2.jpg

 1956年に製作されたSF「禁断の惑星」がNHKBS2で再放送されました。
この映画は私にとってSF映画の原点といえます。
 1953年にH.G.ウエルズの「宇宙戦争」…火星人が地球を襲撃してくる。火星人には水爆(核兵器)も効果がないが、突然思いもよらぬ生物バクテリアによって倒れてしまう。…に続く本格的なSFだと思います。

 アルテア星からの通信を受信した宇宙船C57Dはアルテア星に向かう。アルテア星の先住者クレル人の先進技術、万能ロボット・ロビー、イドの怪物など現在のSFと比べても遜色ないと思います。
 その当時の空とぶ円盤型の宇宙船が懐かしいです。
 ロボットのロビーは当時のおもちゃ屋さんでいくつも並べられていて欲しかったものでした。

 その後1968年に製作されたスタンリー・クーブリックの「2001年宇宙の旅」は、最高傑作だと思います。
「ツァラトストラはかく語りき」が流れる中で、この四部作は人類の夜明けの場面から始まります。
 それまでの映画と異なり、会話が少なく、すがすがしさと先進の映像と、音楽(クラシックやワルツ曲・美しき青きドナウも流れます)に酔いしれてしまいます。
 スタンリー・クーブリックが1971年に製作した「時計じかけのオレンジ」も、SFでは無いけれど関心のある映画でした。
 
 特殊効果や戦闘場面ばかり多い映画は見終わった後、虚脱感を感じてしまいますが、これらの映画はさわやかさとリフレッシュ感が味わえます。
 また明日が楽しくなります。

忘年会に期別を歌おう !

kibi.jpg

 アンニョンハセヨ
 「冬のソナタ」の主人公カン・チュンサンの恋敵で、キム・サンヒョク役パク・ヨンハさんの、期別(キビョル)というタイトルのCDを頂きました。
その中で日本語バージョンの歌が2曲ありました。「期別」と「初めて出逢った日のように」です。

 ハングルはご存知のように隣国韓国の文字で、15世紀に時の王朝の4代目、世宋大王が学者に作らせた文字と言われています。
最近ではJR各駅の案内表示板にもにハングルが書かれています。

 テレビ・新聞紙上でも「冬のソナタ」関連の記事を見ない日が無いくらいです。
 夢中になっているのは女性達で、私たち男は時間が過ぎれば落ち着いてくるだろうぐらいな感覚でした。
 日本テレビ金曜午後11時30分に放送される「アリゾナの魔法」で、飯島直子さんとパク・ヨンハさんのデート特集の時、飯島直子さんも「冬のソナタ」は見ていないと言っていました。


 再放送「冬のソナタ」の最終回を、たまたま見ることが出来ました。
カン・チュンサンが手術のためアメリカに旅立ち、その後をチョン・ユジンも追ってアメリカに行くだろうと、筋書きを読んでいたら見事に外れました。フランスに留学に行ったのです。
 韓国の作家が日本の作家よりも国際的だと感じました。私は今でも機会さえあれば日本以外の国で何かをしたいと思っています。皆さんはどのように思われましたか。

  「期別」と「初めて出逢った日のように」はメロディーも歌詞も憶え易い曲だと思います。
青春時代を思い出しました。好きだった人に自分の気持ちを素直に伝えられなくて別れてしまったこと。
今でも忘れられない大切な思い出がありました。
 「期別」を今から歌の練習です。でも忘年会で先に歌われたらどうしょう。

上野の森を歩く

dari.jpg

 上野駅公園口、目の前の東京文化会館で待ち合わせ。今日みたいなまだ暑い日は、涼しくて助かります。 
 小中学校の頃、上野といえ国立科学博物館を思い出します。
外に機関車とクジラの模型があって何度か写真を撮っていました。展示していたミイラのところは、ゾクゾクしながら通り過ぎていたものです。
地下には博物館のオリジナルグッズが販売されていて、アンモナイトの化石は欲しくてしょうがありませんでした。まだ博物館の真ん中に上から吊るした黒い鉄の玉が静かに動いているのでしょうか。

 東京文化会館の真向かいに国立西洋美術館があります。
外にもロダンの彫刻が展示してあってここは無料で見られます。マティス展が9月10日から12月12まで主催されます。
 東京国立博物館の本館が今日リニューアルオープンしました。
東京国立博物館では1年間3,000円で平常展が見放題のパスポートがあります。時間に遅れても飽きることはないので待ち合わせ場所に打ってつけです。
東京国立博物館も日没から21時まで本館、表慶館、黒門がライトアップされます。素敵な散歩道が増えました。
 
 東京文化会館では、大ホールで東京バレエ団の「ドンキホーテ」や藤原歌劇団の「カルメン」、小ホールでも素敵なコンサートが目白押しです。また東京都交響楽団による無料のティータイムコンサートが月に一度主催されます。
9月は24日(金)に「金管五重奏」です。ゆったりとアンサンブルをお楽しみ下さい。(宣伝になりました。)

 東京文化会館の2階、椿山荘のフォーシーズンズでアイスココアとアイスエスプレッソを注文して休憩。

 今日は空いた3時間ぐらいをふらっと来てみました。公園を散策する人、美術館、博物館そして演奏会を聞きにくる人達、ゆったりと歩いている姿が印象的でした。

 今日も素晴らしい日をありがとう。

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

無料ブログはココログ