2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 漢字検定準2級をめざして | トップページ | 思いがけないクリスマスカード »

2004 F1第15戦イタリアGP

 ポールポジションはフェラーリのルーベンス・バリチェロ、フロントロー(2番手)はマクラーレン・メルセデスのフアン・パブロ・モントーヤ、3番手にフエラーリのミハイル・シューマッハ。
今回もフェラーリに楽な展開になると思っていたら大間違い、とんでもない事になってしまいました。
 
 スタートの1時間30分ぐらい前まで雨が降っていた影響で、タイヤの選択が重要な要素になっていました。
ルーベンス・バリチェロは雨用タイヤを選び、他のドライバーの多くは晴れ用のタイヤを選んでいました。
 スタート直後は快走に走っていたバリチェロは直ぐに追いつかれて、タイヤ交換を余儀なくすることで1回多くピットストップすることになりました。
またミハイル・シューマッハは一周目に追突されてなんと15番手まで順位を後退してしまいました。
 
 これではミハイル・シューマッハでももうだめだと思っていたのですが、周回ごとにポジションを上げてきます。
その強さに目を見張る思いでした。
こういうレースを見るのは嬉しいですね。フェラーリの安定性と力強さにワクワクしていました。
 30周目にトップのウイリアムズBMWのジェンソン・バトンに、約26秒も離されていたルーベンス・バリチェロはその後の13周でジェンソン・バトンを抜いてトップに躍り出ました。
 
 そしてフィニッシュはルーベンス・バリチェロが優勝、2番目にミハイル・シューマッハでした。
 もう何度か録画で楽しめそうです。
 そして今年もF1グランプリはあと3戦です。中国・日本とブラジルになりました。

« 漢字検定準2級をめざして | トップページ | 思いがけないクリスマスカード »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004 F1第15戦イタリアGP:

« 漢字検定準2級をめざして | トップページ | 思いがけないクリスマスカード »

無料ブログはココログ