2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 誕生日には、黒いスイカを | トップページ | 赤羽で小唄・三味線を教えている井上恵美竜師匠と、 "新内流し" をしよう »

マキアヴェッリの「君主論」を読んで

 赤羽警察の地域防犯報告会の待ち時間に何か読もうかと考えて、机の上に重ねてある中から文庫本ならかさ張らないからと選んだ本が「マキアヴェッリ語録」でした。

 マキアヴェッリは知っての通り中世イタリヤの思想化です。しかし4世紀を過ぎても尚、今でも通じるものがあります。
 いにしえの歴史家たちは次のように言っている。「人間というものは恵まれていなければ悩み、恵まれていればいたで退屈する。そしてこの性向からは、同じ結果が生ずるのだ。」「人は自らの実現能力をはるかに上まわることを望むものだから、常に不満が絶えないのである。」 地位欲・名誉欲の強い人達が当てはまります。

 「いかなる手段もその目的によって有効ならば正当化される。」戦争で敵を欺くことなどです。
 「人間は必要に迫られなければ善を行わない。」私もそうかもしれない。

 有限会社の代表取締役になって3年。今の私にとても参考になる部分がありました。
「変わりやすい運命の波に呑み困れない道は、時の流れと自分のやり方を合致させることである。

 1人は慎重主義で他の1人は果断にやるのが好きという具合で、気質ならまったく逆なのに両者とも成功する場合がある。その理由は1に彼らのやり方が時勢と合致していたかいなかったにある。」

 「運命は変化するものである。それゆえ人間は自分流のやり方を続けても時勢に合っている間はうまく行くが、時代の流れにそぐわなければ失敗するしかない。

 慎重であるよりは果敢であるほうが良い。なぜなら運命の神は女神なのだから、彼女に対して主導権を得ようと思うなら乱暴に扱うことが必要なのだ。

 運命は征服したいという欲望を露わにしてくる者のほうになびくようである。」

 「運命が微笑むのは誰だって期待できることだから、いかに逆境におちいろうとも希望は捨ててはならないのである。」

 私は運が強いと思っています。
      

« 誕生日には、黒いスイカを | トップページ | 赤羽で小唄・三味線を教えている井上恵美竜師匠と、 "新内流し" をしよう »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/1286007

この記事へのトラックバック一覧です: マキアヴェッリの「君主論」を読んで:

« 誕生日には、黒いスイカを | トップページ | 赤羽で小唄・三味線を教えている井上恵美竜師匠と、 "新内流し" をしよう »

無料ブログはココログ