2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

ドクダミ奮闘記 3

Park11
 前回から3週間が過ぎていました。この季節は雨が多くて気温も高く雑草はかなり伸びています。ここ板橋区の駐車場は中山道から少し入った所で、新河岸川の畔にあります。時々行き交う船のエンジン音が響きます。
 草は伸びていましたがドクダミはさほど茂ってはいません。この前の草取りを頑張ったからでしょう。
 午前中のまだ陽が高くなる前と、雨の合い間の草が抜きやすい時を選んで来ています。夢中で・・・2時間はあっという間でした。虫除けのスプレーが効いて蚊に悩まされずに済みました。今日も45L袋が3袋でした。

 文春文庫 司馬遼太郎の「最後の将軍」を読んでいます。開国と大政奉還をなした十五代将軍徳川慶喜の書です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資産有効活用セミナー

 杉花粉の飛翔が減ってきて、体調も回復して来ましたので、講習に参加してきました。
場所は池袋のサンシャイン60の近くのビルでした。
 資産継承問題は誰にでもある悩み事です。
相続でもめている方達を見ていると、財産なんて無いほうが良いのかなと、資産の無い自分を慰めていますが、仕事は別で理解をしておかないといけません。
 保険のかけ方、遺産分割協議、遺言などで成程と思うことがありました。
 来週からは、また週に1回以上の講習が続きそうです。
そして5月には定例の湘南国際村に1泊2日の研修もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュリティショー・ジャパンショップ2005

japan

 東京ビッグサイトでは、SECURITY SHOW・JAPAN SHOP建築建材展・流通情報システム総合展など七つの展示が同時に開催されています。
国際展示場駅までは埼京線で赤羽駅から約40分です。乗り換えが無いので助かります。
 テレビニュース・新聞紙上で犯罪の多発を見聞きすると安全は自分達で守る意識が高まってきます。
セキュリティショーでは各社防犯の意気込みに心強く感じました。
鍵は電波リモコン錠や防犯用電子ロックで、ピッキング・サムターン廻し・バールによるこじあけに対応しています。
 マンション・アパートのセキュリティも比較的低コストで導入できそうです。
高齢者向けの集合住宅システム、監視カメラシステム、顔や静脈での個人認識システム、それから個人情報保護法の対応もなされていました。

kanban

 ジャパンショップは店舗総合見本市で、店舗の設計レイアウト、飾りつけ、陳列棚などデザインを変える事で全く別の雰囲気なることが判ります。
イメージ造りの大切さを実感しました。
 写真は株式会社ギャラックスの営業販促用の看板で、これはいいなと見ていたらミニチュアモデルを頂いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

王子法人会・新春合同研修会

oji

 王子法人会の第13・14・17・27・30各支部の新春合同研修会と懇親会が赤羽岩淵の小山酒造㈱で行われました。
 王子法人会木下会長による戦後日本を支えた酒税の話、北ケーブルTVの田村専務さんより「会員ネットワーク」のお話がありました。
 そして本題の「伝統の銘酒東京地酒の出来るまで」を小山酒造㈱小山光三社長様の説明を聞きました。
地下130mの秩父山系の井戸水が神戸の水に似ているので岩淵の地に酒蔵を開いた事、また酒造りの様子などを、スライドを使ってお話を伺いました。
 その後懇親会に移り、小山酒造㈱小山光三社長様よりご提供の「丸真正宗」の樽酒と吟醸酒を味わいました。
 樽酒は木の香り豊かな枡で頂きました。美味しかったですね。またよろしくお願い致します。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットと住める ハートアイランド新田二番街

 都市機構(旧都市基盤整備公団)が作る都内で二番目のペット共生住宅とのことで見に行きました。
 最近建築している分譲マンションはペット可と表示されていなくてもかなりの割合でペットも飼えるマンションが増えてきています。
これも時代の流れでしょう。
 足立区新田は荒川と隅田川に挟まれた立地です。
交通はJR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅よりバス便で約10分・徒歩5分です。
 今回賃貸で募集される区画にペット共生住宅が3棟ありました。
 設備として共用部分に足洗い場・汚物処理水洗・リードフック、またエレベーターにはペットと同乗する時に押すペットボタンがあって、ペットと同乗していることを他の階で待っている方に知らせることが出来ます。
 専用部分では、くぐり戸付きのリビングのドア・ペット向け造り付け可動棚・24時間換気などがありました。
 間取りは、1LDK 48㎡~2LDK+S 90㎡まで44通りのモデルルームが見られます。
13号棟の最上階のお部屋では、すでに10倍を越す人気があるそうです。
そしてペットクラブへの加入が義務付けられています。
ペットと一緒に住みたい方是非ご覧になってください。
 内見・申し込み共、12月13日までです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンホーム&ビルディングショー2004

jutaku.jpg

 11月16日~11月19日まで東京ビックサイトでジャパンホーム&ビルディングショー2004が開催されました。
 ジャパンホーム&ビルディングショー2004は日本最大規模の住宅・建築関連の専門展示会で、環境建築の新技術やセキュリティシステムなどを紹介しています。
 国内メーカーの他、アジア・欧州・北米の建材メーカーなど600社が出店していました。
 特にカナダは大きなブースを取っていて興味を引かれました。
説明によると、カナダの木材は日本の大手ハウスメーカーでも使用しています。
2X4(ツーバイフォー) は箱型構造なのでで地震に強く、部材が木なので軽さが揺れを最小限に抑えるそうです。また断熱性、耐久性も良いそうです。 
木の持つ自然の温もりについウットリというところでした。
 セキュリティシステムも各社の意気込みを感じました。
ただ安全性の低下している現在の日本の状況を寂しく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律相談の担当者として

 加盟団体の先輩方の推薦で、今年から法律相談の担当を引き受けました。
所在の地方公共団体では今年度の法律相談は20数回行われ、その内4回を担当します。
先日2回目を担当しました。
 相手からの申し出に戸惑っていられる方、誰に相談したら良いのか分からない方、色々な方が来られますが、多くの相談者はご自身で考え悩んだ末に来られます。
 相談事には相手が居られる訳ですから、一方的に考えるのでは無く、相手のことも思いやられると解決の糸口が見えて来ます。
 今のところ返答に詰まるような相談はありませんが、常に関連する法律などに注意を払うようにと心掛けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHIBUYA 109を見て

109.jpg

 東京商工会議所渋谷支部主催の販売力強化セミナーでSHIBUYA 109が見学出来る機会がありました。
早速飛び入りで参加しました。
SHIBUYA 109はご存知の通り道玄坂2丁目の角地に建つ、地下2階~地上8階の建物で、流行をリードしてきたファッションビルです。
婦人服・バッグ・アクセサリー・シューズ・雑貨・飲食店などの店舗があって、10代~20代の女性にターゲットを絞り込んでいます。

 始めに参加者は班分けされ、見学の際の注意事項を聞きチェックリストに記入していきます。
同じ班には革製品の製造販売をしているAさんと、SHIBUYA 109には週に一回は行くと言うSさんの頼もしいメンバーがいました。
 各店を見ながら、"他店に無い商品・品揃えを心掛けている。"とか、"店内には清潔感が溢れている。"とか、"顧客を待つ姿勢と態度 "などを採点していきます。

  各班に分かれてSHIBUYA 109を1時間30分の見学です。
Sさんの意見を参考にして6階のMATERIAL GIRLから見始めました。
ここは浜崎あゆみ( あゆ )の店です。どの店もユーロビートの曲がガンガンにかかっていて元気いっぱいです。
次は5階のLDSです。ドンキホーテみたいな死角がある展示方法で、参加者間で意見が分かれました。
すでに秋冬物の商品も充実していました。
続いて4階のEGOIST、ここはかって有名なカリスマ店員がいたところです。
同じ4階で、壁が暗い色で飾りつけのシンプルなBARAKはシックで落ち着ける雰囲気でしいた。
2階のCECIL McBEEは外国の有名ブランド店みたいな造りで個人的にはここが一番気に入っています。
最後にB2階のSnatchです。アメリカ西部開拓時代がメインテーマと思われます。年齢層は少し高めでしょう。
 
   私がSHIBUYA 109を見学希望したのは、テナントビルの管理と出店の業務に携わっているからでした。
東京商工会議所渋谷支部の担当者の方々、セミナー主催の担当者の方々、同じ班のSさん、そしてAさん色々と有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)