2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

チョウの標本、アオスジアゲハ、ミカドアゲハ、スカシアサギマダラ、オオムラサキ、オオゴマダラチョウ、ツマベニチョウ

中学の同級生からいただいたチョウチョの標本です。すべて標本に作成してから1年以上経過したもので、とても綺麗です。

 

01-aosujiageha

左上は、どこでも普通に見られるアゲハチョウの仲間で、ここで飼育する予定のアオスジアゲハ、右上がフォルモサ島のミカドアゲハ、下がフィリピン・ルソンのスカシアサギマダラです。

 

02-oomurasaki

国蝶のオオムラサキです。上が雄、下が雌で、地味な色合いですが、とても欲しかった蝶です。

 

03-oogomadaratyou

台湾で採集のオオゴマダラチョウ

 

04-mumabenityou

台湾で採集のツマベニチョウ

 

05-hagurotonbo

そして、前にいただいたハグロトンボ。 

アオスジアゲハの飼育の環境に励みになります。ありがとうございました。

赤羽緑道公園の桜とハグロトンボの標本

Green-road-park-01


赤羽緑道公園の桜も見ごろをむかえていました。


 


Green-road-park-02


 


Green-road-park-03


 


Dragonfly-01


今もチョウの捕獲・標本作りをしている中学からの同級生から、茨城県友部で捕まえたハグロトンボの標本をいただきました。


黒く縁取りした標本箱も手作りです。ありがとう。感謝しています。


 


Dragonfly-02


ハグロトンボは、水辺で普通に見かけるトンボですが、胴がイトトンボのように輝いてきれいです。


サラサラと飛ぶ様子は優雅で。


自然の中で生き物に接し、興味を持ち続けている仲間がいることは、とても嬉しいことです。


買い求めた志賀昆虫普及協会の標本箱を、届けてきました。


その中にどんなチョウが納められてくるのか、彼次第ですが、楽しみです。


 

志賀昆虫普及社に標本箱を買いに

Shiga-01

相当久しぶりです。渋谷の宮坂を上がった辺りにあった所に伺って以来ですから、30年以上過ぎていました。

今は、東急池上線・戸越銀座駅から歩いて数分の品川区平塚2丁目にありました。

それは、友人から蝶とトンボの標本をいただけることになり、丁度いい大きさの標本箱を探すことになったからです。

それなら、昔お世話になった志賀昆虫普及社に決めて、探してみました。

 

Case-01

小型の桐製の標本箱 2ヶです。サイズは、215mmX155mmX60mm。ガラスのフタ式です。

来週には友人の所に持っていって、アオスジアゲハ、オオムラサキとトンボの標本をつくってもらいます。

蝶の標本を、中学の時の同級生に譲ってもらうなんて、とても幸運でした。

いつのまにか、雑草が茂って

Garden-cote-01


午後3時過ぎると、陽がさえぎられるようになります。


 


Garden-cote-02


居間の様子が少しづつ変わっています。


真空管ラジオの修理をしていただいている方がお出でになりましたので、「ナナオラ」をテーブルに置いていました。


 


Garden-cote-03


庭の奥です。雑草がまとまって増えていました。


 


Garden-cote-04


刈った後です。二三日おいて、乾燥させてから袋に入れます。


 

早稲田実業学校中等部の時の友人が来てくれました

Garden_cote_01

 青空に、風が少し吹いてスギ花粉が飛んでいます。

 気温が上がってきましたので、半分冬眠の状態からやっと抜け出しました。

 何度か電話で連絡を取っていた、

 早稲田実業学校中等部の時に科学部に所属して、生き物に趣味が合った同級生が訪ねてきました。

 今でも蝶や昆虫の採集をしていて、アオスジアゲハチョウの飼育に頼りになる仲間として、心強いです。 


Garden_cote_02

 庭には、雑草が増え始めて、
 また、果てしない戦いが始まります。


掛け軸をいただきました

Garden_cote_0001

 それまでの掛け軸は、木村光年 「桜花」の写しでした。


Garden_cote_01

 
 「漢詩の出だしが、雪融と書いてあるので、春を表しているようだと思い、差し上げます」と、 
  いただきました。
 ありがとうございました。


Garden_cote_02


 作者も漢詩の意味も分かっていません。折を見て調べてみます。

 今年は富みに寒さがきつく感じて、静かに堪えています。

 今月の中旬を過ぎる頃まで、庭の作業もお休みです。

庭の枯れ葉拾いです

Garden_cote_001

 抜けるような青空でした。風さえ吹かなければ動きやすいのです。


Garden_cote_003

 赤羽緑道公園の木々から舞い散った、広葉樹やカエデなどの落ち葉を拾い集めました。

 仲間が集まれば、焚き火をしながらワイワイと焼き芋も出来そうです。


Garden_cote_002

 前からのゴミ袋に詰め込んで二袋。

 もっと暖かければ、壁のペンキ塗りの続きをしたいところです。

カインズホーム浦和美園に

Cainz_01

 穏やかな陽ざしと風がやんでいて、気分がいいです。

 庭に置くガゼボ (東屋 ) の製作での資材、外壁の塗料、電動工具などを見に出掛けました。

 大型店なので、種類が豊富です。木材で作るか、それよりスチールで作られた方が楽なうえに安全かと考え直したりしていました。


Cainz_02

 レンガタイルの組み合わせ、ブランコなどに興味が湧きました。

 今日は下見でしたが、マットの滑り止めを買ってきました。

真空管ラジオ CROSLEY148 の修理が終わりました

Crosley_148_01

 カテドラルの形をした真空管ラジオです。
 スピーカー、トランス、真空管2本が使えないなど、修理に一月あまり、苦労の末に出来上がりました。


Crosley_148_02

 金属の飾りで縁取られた周波数板です。


Crosley_148_03

 ツマミは二つ、上が選局。下はスイッチとボリュームです。


Crosley_148_04

 シャーシはサビをとり黒く塗られて、落ち着きを増しています。当時付けられていなかったヒューズが、すっきりと収められていました。


Crosley_148_05

 電源を入れると、周波数板が緑色に輝き、良い音を出しています。
 素晴らしい修理をしていただきまして、ありがとうございました。

カフェ ラジオプラント、年の瀬の最後の営業日に

Radio_plant_01

 自由が丘のカフェ ラジオプラントに出かけました。
 私が勝手に気に入って、何度かお邪魔しています。


Radio_plant_02
 
 深入りのコーヒーをいただきながら、
 先日の真空管ラジオの講演に向けてアドバイスしていただいた、AM トランスミッターのお礼が主な目的でした。


Radio_plant_03

 本棚一杯に音楽の本と、アメリカのラジオが並んでいます。


Radio_plant_04

 店主様のお話を伺っていると、新しいヒントが生まれてきました。


Radio_plant_05

 来春に、私が手がけている仕事を見に来ていただけそうです。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ