2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

つかの間の暖かさに

Sidan_01

 師団坂は明治の頃、旧陸軍の近衛師団と第一師団に所属した2つの工兵大隊に向かう坂道でした。

 今朝まで降った雨がやんで、暖かな陽射しが差していました。青い空を見ているといつの間にか歩いていました。
 坂の先には北医療センターがあります。旧北社会保険病院の頃に、緊急手術を受けて大変お世話になりました。


Sidan_02

 上り坂の右の星美学園側に、ツバキが咲いていました。


Sidan_03

 きつい坂道ですが、花を見ていると心も和んできます。

                    
Sidan_04

 メジロが飛んできていました。

Sidan_05
  
 ほっとした瞬間でした。

カワセミがいる辺りに

Kawasemi_01

 とある日のとある所です。緑がある水辺をのんびりと歩いていました。
 
 花を写していると、「今来ているよ」と、カワセミがいる所を教えていただきました。


Kawasemi_02

 「え!! どこどこ」と私が。すずめと同じぐらいの大きさで、長いクチバシをもっています。


Kawasemi_03_2

 賑やかな声がしているので、緊張気味なカワセミです。
 餌になる小魚がいる浅い水辺は、子供達の遊び場でもあります。

神楽坂 新潮社の新施設 la kagu (ラ カグ) に

La_kagu_01

 新潮社は、文芸書の大手出版社です。その倉庫をリノベーションしたのがla kagu (ラ カグ) でした。
 現在、私の仕事は不動産業ですが、その前は正文堂という書店でした。
新潮社、講談社、文芸春秋など、新刊書のベストセラーが手に入らない時は、毎週のように仕入れに出かけていました。
 そんなことがあって、書籍、雑誌が売れない時代になり、出版社、書店の動向は常に気になっていました。


La_kagu_013

 1年半前にオープンした la kagu (ラ カグ) は、地下鉄南北線の2番出口を出ると正面にあります。木の階段を上がると大きな倉庫がたたずんでいました。 
 洗練されたアパレル、雑貨、家具カフェなどが並んでいました。


La_kagu_016

 敷地に植えられていた桐の木に花が盛りでした。


La_kagu_015

 ゴールデンウィークなので、早めにランチを食べました。 ホットドックです。


La_kagu_014

 サンドイッチは、日替わりと定番をミックスしています。妻と息子達が一緒に来てくれましたので、仲良く分けています。


La_kagu_017

 その後は、赤城神社に参拝して、神楽坂の商店街を見てきました。


 

 

 

 


埼玉県児玉郡神川町、素敵な庭とピザのパニーノガーデンに

Kamikawa_0629

 埼玉県児玉郡神川町は、群馬県藤岡市と神流川を挟んだ所にあります。畑が続く一角に、きれいに造られた庭がありました。


Kamikawa_0613

 庭に囲まれた中にピザの店、パニーノガーデンがあります。


Kamikawa_0603

 ランチに、おすすめのマルゲリータとカフェラテをいただきました。


Kamikawa_0606

 新鮮な野菜に、手作りのピザは美味しいです。


Kamikawa_0649

 パニーノガーデンの名前の通り、ご主人がこつこつと作りあげた庭が素晴らしいです。


Kamikawa_0665

 小路を歩くとシダレザクラ、ハナモモ、スイセン・・・などの花が春を彩っていました。


Kamikawa_0648

 種々の木々に、小高い山が借景になって、趣があります。


Kamikawa_0652

 手入れが行き届いていた庭に、しばし、時間を忘れていました。


カタクリの咲く 栃木県栃木市 みかも山に

Mikamo_03

 栃木県栃木市岩舟町みかも山公園 カタクリ園でカタクリを見てきました。


Mikamo_04

 カタクリの花の群生です。


Mikamo_05

 首を下に向けて、顔をうつむいたように咲くカタクリの花のシルエットが素敵です。


Mikamo_07

 可憐な姿に魅了されてしまいます。


Mikamo_06

 薄紫の細い花弁を大きく広げています。
 カタクリの花は日差しと共に花弁を広げていきます。時間が経ち過ぎると丸まってしまいます。花の開き具合のタイミングが難しいのです。

 今年は素晴らしく写せることが出来ました。感謝しています。

二子玉川、ワクワクする蔦屋家電に

Tsutaya

 静嘉堂美術館に行くバスが出たばかり、急ぎではないので二子玉川駅周辺をぶらついていて、偶然蔦屋家電を見つけました。いつか行こうと思っていて、そうだここにあったのだ。

 三年前に訪れた 代官山のカフェ・ミケランジェロと、蔦屋書店に の蔦屋をさらに進化させていました。

 蔦屋家電の家電とは、「生活を豊かにするものを家電と呼ぶ」 ところから、ライフスタイルを提案する店です。

 1階から2階に上がるエレベーターの横の吹き抜けに、竹で編んだ大きなトンボが羽を伸ばしたオブジェ、ここから驚きを感じました。

 建物の中は、本、雑貨、家具と植物の緑が、落ち着いた空間を演出しています。

 若い世代のお客様で溢れていました。誰もがワクワクできる場所です。

埼玉県入間市、平屋のアメリカン古民家が立ち並ぶジョンソンタウンに

Johon_07

 ジョンソンタウンは、西武池袋線入間市駅から、けやき通りを、カサカサと落ち葉を踏みしめながら歩いて、15分ぐらいのところ、入間市東町1丁目の国道463号沿いにあります。


Joho_01

 元米軍のジョンソン基地(現航空自衛隊入間基地)に、勤務していた軍人が住んでいた区画で、平屋のアメリカン古民家が立ち並び、米国風の街並みでした。


Johon_03_2

 そこに、平成ハウスと呼ばれる現代的低層新築住宅が造られ、雑貨店、カフェ、レストランが営業をしています。


Johon_09

 ゆったりとした時間が通り過ぎていきます。


Johon_08


Joho_02


Joho_03_2

 
Joho_04

 富士見公園に隣接する区画は住居になっていました。静かな住環境でのんびりと過ごすには最適でした。


Kou_02

 もう一つ隣接した、彩の森入間公園は秋の景色です。紅葉がきれいでした。


Kou_05

 水辺に、大輪のシュウメイギクが咲いていました。

神奈川県鎌倉市西鎌倉、ガーデンレストラン アマルフィイに

Akabane_01

 神奈川県鎌倉市、沼南モノレール「西鎌倉」駅から、モノレールの下の道を大船に向かって5分ほど歩くと、「赤羽」の信号があります。


Akabane_04

 そして、江ノ電バスの「赤羽」バス停がありました。


Akabane_06

 「赤羽」の信号の角にロイヤルホスト、ナナメ向かい、イタリアンのガーデンレストラン アマルフィイです。
 建物は、大きなガラス張り、天井が高く開放感があります。
 

Akabane_01

 パスタ ピッツア ランチをいただきました。前菜は、鎌倉野菜を使った季節の野菜サラダです。


Akabane_02

 夏の冷製パスタ”カッペリーニ” 茄子のクリームソースです。
落ち着いた雰囲気でゆっくり出来ました。料理も美味しいです。次回は家族揃って行きましょう。

 

「自然の造形美展2 ウニのない人生なんて」 展に

Uni_03

 京都を拠点に「自然の造形美を伝える」 プロダクトを発信している、ウサギノネドコの、ウニ殻を使った作品展でした。

 棘付きのウニ殻の標本です。大きな棘が生き生きとしたウニを思わせています。


Uni_01

 アクリルに封入されたウニ殻です。ウニの殻は割れやすいので、保存するのに苦労しますが、アクリルで覆えば壊れることもありません。


Uni_02

 ウニ殻を使ってキノコが出来上がっていました。カラフルなキノコたちです。


 ウサギノネドコは、植物、鉱物、動物などの標本で、自然の造形美を生活の中で楽しむことを提案していました。

栃木県鹿沼市、農家レストラン 「花農場 あわの」 に

Kanuma_11

 「花農場 あわの」は、日本経済新聞プラス1 農家レストラン ランキングで、第5位に選ばれたお店です。

Kanuma_02

 敷地内に、約200種類のハーブやフルーツが栽培されています。

Kanuma_12


Kanuma_13


Kanuma_03

 昼食をいただきました。野菜いっぱいのスパゲッティ・キャベツとベーコンのスパゲッティ・小エビとトマトのスパゲッティです。ニンニクが効いていて美味しいです。


Kanuma_02

 フレッシュハーブサラダピザを追加して。

Kanuma_04

 シフォンケーキとハーブティーもいただきました。


Kanuma_01

 食後に、ハーブガーデンを散策です。

無料ブログはココログ