2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽・赤羽根の地名の訪問と、赤羽緑道ガーデンコートの庭を造っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

東京都板橋区、土地売買の決済が終わりました

Car-parking-02
所在は東京都板橋区舟渡、国道17号線と公道4mの角地に立地しています。
土地面積約400㎡、用途地域は、近隣商業地域の土地の売買でした。

 

Car-parking-01
約20年前、普通自動車17台が駐車できる駐車場と、連棟式の建物の管理から始まりました。
当社で扱いさせていただいた駐車場としては、大きなものでした。
長きにわたって管理をさせていただきましたが、相続の関係もあって、建物を解体した土地と駐車場をまとめて売却することになりました。

レインズに登録をして、しばらくして買いのお客様が決まりました。
売り主様買主様、決済が終わりましてありがとうございました。

北区赤羽1丁目、売買マンションの決済が終わりました

Apartment-01

不動産の概要
所在 : 東京都北区赤羽1丁目、
交通 : JR赤羽駅 徒歩5分、東京メトロ南北線 赤羽岩淵駅 徒歩4分、 
構造 : 鉄筋コンクリート造6階建 3階部分、床面積 : 21.90㎡ ( 6.62 坪 )、
間取り : 1DK、 権利 : 所有権、 現況 : 入居中 ( オーナーチェンジ )

この売買はオーナーチェンジ物件で、賃貸で入居している人がいる状態で売買されます。
購入時より賃料収入を得られますので不動産投資向きの物件です。

 レインズに登録して、すぐに購入のお申込みがありました。
スムーズに契約に進み、本日決済が終わりました。
売り主様、買主様 ありがとうございました。

カーサ ブルータス 2022年2月号、住宅特集号ー 真似したくなる家づくり

Casa-brutus-01_20220110114701
Casa BRUTUS の毎年2月号は住宅特集。前年に建てられた面白い住宅を掲載しています。
今年は取り入れたいアイデア満載の最新BEST住宅、真似したくなる家があふれていました。


手元にあるCasa BRUTUS の住宅特集号の中で、気になる号をご紹介します。


Casa-brutus-02_20220110114701
2006年2月号の最強・最新住宅案内の中の三鷹天命反転住宅。
芸術家であり建築家の荒川修作氏と詩人マドリン・ギンズによる超未来住宅です。
2008年に、お部屋を見る機会があり貴重な経験をしました。
その時のブログは、三鷹天命反転住宅は積み木のおもちゃ箱として書きました。


 

私たちの会社 株式会社沼野商事の沿革です

私たちの会社 株式会社沼野商事は、大正6年 ( 1917年) 祖父の代に、赤羽小学校 (岩淵尋常高等小学校王子区赤羽) 正門前で、文房具の個人店「沼野正文堂」として創業しました。 

Numano-01 
昭和7年 ( 1932年 )、国定教科用図書取次店として赤羽小学校等に教科書を納付開始し、戦争から帰った父が昭和21年から「合資会社 正文堂」として書籍と雑誌を扱う書店を生業になりました。

Numano-02 

 

Numano-03
平成9年 ( 1997年) に「有限会社 沼野商事」となり、不動産業に業態が大きく変わりました。
小さな会社ですが業態を変えながら、100年を継続して会社を続けていくことが出来ました。

書店の時は、今は無くなってしまったスーパー忠実屋に3店舗の出店をしたこともありました。
しかし現在は、家族親族だけの同族会社として経営していくことに、大きくなることよりも堅実に生き残ることを考えています。

その後組織変更して「株式会社 沼野商事」となり、次男が店長を勤めています。

 

Garden-cote-01_20210804101901
2018年 赤羽台三丁目で、赤羽緑道公園ガーデンコートを長男と一緒に始めました。
ここは、夢のある若い人達とともに行う新しい仕事です。

多くのお客様に支えられてここまでやってこられました。これからも誠実であることを心がけて行きます。
長年のごひいきをいただきましてありがとうございました。

赤羽緑道公園ガーデンコート、 庭の秘密のドアが完成です

Garden-cote-01_20211211190601
8月の終わりから始めた秘密のドア作りは、4ヶ月掛かって完成しました。
季節は夏から秋そして冬になり、その間に木々の葉は枯れ落ちて、もの寂しい庭に変わっています。 


Garden-cote-02_20211211190601
窓と雨戸みたいなものも一緒に作りました。 


Garden-cote-03_20211211190601
色は建物の外壁と同じ水色に。
ドアから入るには秘密の言葉と・・・、窓には見たことがある動物が見えます。

板橋区の駐車場の雑草取りに

Car-pool-01
国道17号線に面した駐車場とその脇の土地の雑草取りです。
駐車場は、アスファルト舗装してありますので、隅に生えた雑草を取るだけですが、脇の土地は大変でした。
駐車場は、当社で扱わせていただいている中で最大の17台が駐車できます。

 

Car-pool-02
 まだ数日掛かります。気を長くしてやっています。

情報発信基地、雑草取り植木の移動と室内の様子

Garden-cote-01_20210910183701
たまの晴れ間は貴重で、

Garden-cote-02_20210910183701
庭で雑草取りと、サクランボ、アジサイ、ブッドレアの移動をしました。

Garden-cote-03_20210910183701
室内の様子を少し。 いただいた飾り棚に、 

Garden-cote-04_20210910183701
いただいたANIMAL HEART RESUCUE の素敵なイラスト。 

Garden-cote-05_20210910183701
これも、いただいた故宮日歴。 

 

情報発信基地の庭に植える、蝶の集まる花

Ozaki-flower-park-01
昨日です。オザキフラワーパークで、アゲハチョウが好む花、ブッドレアを見つけました。

Ozaki-flower-park-03
種類も豊富で、これはピンクデライト。

Ozaki-flower-park-02
イエローマジック。

Ozaki-flower-park-04
アオスジアゲハが好む、白系のホワイトプロフュージョン。
花が咲き終わっていますが、手入れ次第で秋まで咲き続けます。

将来の夢ですが、庭に温室を作り、その中でアオスジアゲハの飼育をします。

情報発信基地、蝉と両親の絵画

Garden-cote-005_20210718090401
梅雨が明けて、暑さひとしお。
河津桜に、今年初めてのミンミンゼミがとまって鳴いていました。

Garden-cote-002_20210716111101
家の玄関を入った所に、両親が描いた絵を飾りました。
父が描いた荒川の油絵は、隅田川から青水門と赤水門を望んでいました。

Garden-cote-003
母の絵は果物を描いています

空室をなくす本 「鈴木ゆり子の実践 満室大家塾」

House-01_20210704110202
2010年に発行した本です。
本を買った時に書いていましたが、コロナ渦で人の移動が限られてしまい空室になったアパートのオーナー様に、今読んでおくべき本だと思い取り上げました。


鈴木ゆり子さんは、競売で手に入れた古いアパートや戸建てを、出来ることは自身でリフォーム・修理して貸し出しています。
魅力のないお部屋は、いつまでたっても空室のまま。「立地」「築年数」管理会社」のせいではありません、と言われています。
そして、「お部屋を満室にするためのノウハウは、入居者さんとのつながりをつくること」のようです。
本を読むと、アパート経営に対しての考え方が大きく変わってくるはずです。

より以前の記事一覧