2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園、赤羽小学校、早稲田実業学校中等部・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津市のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北医療センターで、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

旭酒造 純米大吟醸 獺祭 (だっさい) 島耕作

Shima_kousaku_01

 近所の馴染みの酒屋さんで、取り置きしてくれました。ありがとうございました。


Shima_kousaku_02

 日本酒 「獺祭(だっさい)」を造る旭酒造と、『島耕作』を発行する講談社が、西日本豪雨の被害に取り組むチャリティーコラボです。

 売り上げの一部が、西日本豪雨の被災地に寄付されます。


 『島耕作』シリーズは、『課長 島耕作』から、唯一読んでいる漫画です。

 単行本になるまで待って購入しています。

 団塊の世代、私の時代が反映していて、気になる生き方に感化されていました。

秋の気配に、雑草取りに明け暮れて

Garden_05

 青空の空高く、流れる雲が速いです。


Garden_01

 気温と湿度が下がって、今まで出来なかった雑草取りに励んでいます。


Garden_02

 午前中の早い時間です。


Garden_03

 二ヶ所を攻めて行きました。


Garden_04

 夕方にももう一度、攻め込みました。

静岡県熱海市網代に

Ajiro_001

 1年ぶりに、妻と次男が網代に出かけました。

 青い空に雲が浮かんでいます。かなり風が吹いていました。


Ajiro_003

 空を舞うトンビ。


Ajiro_004

 堤防の端で休んで・・・。


Ajiro_005

 トンビの幼鳥です。


Ajiro_006

 仲良く並んでいました。


Ajiro_002

 穏やかな日和です。


Ajiro_007

 青色の羽のオスに較べて、落ち着いた色のイソヒヨドリのメス。

足立区 都市農業公園に

Toshi_nougyo_001

 奥から左に流れているのが荒川で、手前、右手から新芝川が合流しています。
 向こう岸は北区で、真ん中、左寄りに、青水門が見えました。


Toshi_nougyo_002

 古民家を見ていると、南国にいる気分になります。


Toshi_nougyo_003

 右の軒下に吊るされていたのは、タマネギ。


Toshi_nougyo_004

 新芝川沿いに咲いていた赤い花、モミジアオイ(紅葉葵)です。


Toshi_nougyo_005

 オクラ。


Toshi_nougyo_006

 木陰にユリ。


Toshi_nougyo_007

 古代米が実る田んぼの前の道で、トンボを網で捕まえて・・・。


Toshi_nougyo_008

 四季咲きの白いバラ。


Toshi_nougyo_009

 キバナコスモス。


Toshi_nougyo_0092

 プランターのひまわりです。

ちょっと、浮間公園に

Ukima_park_01

 暑さの中に、時折、吹き抜ける風が気持ちいいです。


Ukima_park_02

 浮間公園のシンボル、風車。


Ukima_park_08

 保護区域の水辺に、ゴイサギの成鳥です。


Ukima_park_04

 秋の訪れを感じさせる、シオカラトンボ。


Ukima_park_07

 タテハチョウの仲間、ツマグロヒョウモン。


Ukima_park_06

 カルガモのつがいです。

Ukima_park_05


.
Ukima_park_03

 水辺に、水鳥は少なくなりました。

清水坂公園、お盆の花 ミソハギと

Simizuzaka_park_001

 お盆休みにに入って、帰省しているのでしょう。
 静かです。


Simizuzaka_park_002

 自然ふれあい情報館のプランターに、 ミソハギのかれんな花が咲いていました。


Simizuzaka_park_003

 赤紫のミソハギは盆花と呼ぶところもあります。


Simizuzaka_park_004


       .
Simizuzaka_park_006

 キク科の花にセセリチョウ。


Simizuzaka_park_007

 サルスベリ。


Simizuzaka_park_008

 ヤマボウシの実。もっと赤く色づいていきます。


Simizuzaka_park_005

 バラ科のヤマブキです。


Simizuzaka_park_0091
 
 樹液を好む、ジャノメチョウ亜科サトキマダラヒカゲです。


Simizuzaka_park_009

 ザクロです。

«巡り めぐって

無料ブログはココログ