2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

秋の彼岸の中日、赤羽宝幢院で 写経の会が行われていました

Houdou_01

 雨は朝方早くに上がりました。薄日が少し射すぐらいの曇り空で、秋らしい気候です。


Houdou_02

 午前10時、客殿で、彼岸に慰霊と復興に向けての写経の会が行われました。ご住職と共に「般若心経」を唱和して、写経が始まりました。


Houdou_03

 書いた写経は、赤羽宝幢院の総本山、京都 智積院に納経されます。


青い空に白い雲 赤羽スポーツの森公園、田圃で稲刈りをしている赤羽自然観察公園に

Nature_p_01

 赤羽スポーツの森公園。清清しい秋の空に、箒で掃いたような白い雲。


Nature_p_02

 青い空に白いムクゲ。


Nature_p_03

 サッカー練習場です。 
 

Nature_p_04

 赤羽自然観察公園の古民家前の田圃で稲刈りをしていました。


Nature_p_05

 それぞれの小学校が自分たちで、植え育てた稲です。


Nature_p_06


                          .
Nature_p_07

 彼岸花 (曼珠沙華) です。

本に囲まれて、紫陽花が咲く庭に

 本に囲まれた家が理想です。庭には、青い紫陽花を植えます。

House_01

 玄関を入ると台所に、その奥は浴室です。壁紙を交換して、床をフローリングにして・・・。


House_02

 和室の畳もフローリングにして・・・。


House_03

 少し見上げる位置に、紫陽花を植えて・・・。

 今やることは、こつこつと雑草を刈ることです。

青空が戻って、荒川から富士山が見えます

Ara_01

 台風18号に影響された秋雨前線の雨も、朝早くにはあがって、気温が30度を超える陽気になりそうです。 朝八時台の荒川です。


Ara_02

 JRの橋りょうの遠くに、秩父連峰の山々が望めました。


Ara_03

 ほんのりと赤富士ならぬ黒富士です。風が吹き抜けていたので、新荒川大橋の上から見えました。


Ara_06

 グランドで野球。


Ara_04

 荒川から引き込んだ池の辺りに、カニがいました。ベンケイガイのようですが。


Ara_05

 いつもの所で小魚を探しているシラサギです。

池波正太郎 「剣客商売 十五 二十番斬り」

Ikenami_01

 めまいが襲ってきて、意識がはっきりしているのに、体が言うことを利かなくなっている。

 体を鍛錬してきた小兵衛にも、体の変化が訪れてきた。歳をとったということ。

 しかしこの後、剣客にとって二十番斬り、になる大きく長い仕事が、やってくることになります。

 時代が大きく変わる時、読み応えのある長編でした。 


 あと一巻で、「剣客商売」を読み終えます。

 そして、途中まで読み進んだ、『鬼平犯科帳』に戻ります。
 
  

都市農業公園、日本綿の花と実と蝶々

Toshi_01

 足立区 都市農業公園の入り口の前に、コスモスが咲いていました。


Toshi_09

 荒川を行きかう船。


Toshi_03

 日本綿の花です。


Toshi_04

 そして、白い日本綿の実がなっていました。


Toshi_02

 タテハチョウ科のヒメアカタテハ。


Toshi_05

 シオカラトンボ。


Toshi_06

 キタテハチョウ。


Toshi_07

 モンシロチョウです。


Toshi_08

 古代米の稲穂が、黄金色でした。


«夏が戻った荒川、白い雲と彼岸花(曼珠沙華)とシラサギと

無料ブログはココログ