2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

日本テレビ「PON ! 」で、ほんのりとした赤羽を案内していました

Akabane_01
 
 住みたい街で、人気の街4位になった赤羽の街。「いま幸せですか?」と聞いていました。
 創業が明治。タバコの藤屋さんです。


Akabane_02

 銘菓処越村さんは、創業90年。


Akabane_03

 おなじみ、団子の伊勢屋さん三代目。

 のんびりと、ほんのりとした街の紹介でした。


ゼラニウムとイチゴ

Flower_01

 我家の、鉢植えのゼラニウムの白い花が咲いていました。


Flower_02

 イチゴもけなげに実をつけていました。甘さは控えめです。

桃の節句の楽しみです

Momo_03


 風が冷たい日でした。
 午前中確定申告に、王子税務署に出かけました。インターネットでも出来るのですが、勘違いが多々あります。かなり混雑していましたが、親切に教えていただいて無事終わりました。来年も来るようになりそうです。

 桃山の白酒です。アルコールが入っていますので、子供用の桃の節句には合いませんが、この季節に出回るお酒です。
 白くにごって、どろどろとした舌触りが、何ともいえない味わいがあります。二本ほど買って、もう飲んでいます。

 酒をたしなむ程度の私にとって、ぴったりのお酒です。

谷津矢車 「しゃらくせえ 鼠小僧伝」 を読んでいます

Book_01


 池袋東口、東通りの東京天狼院で紹介された本です。谷津矢車「蔦屋」を読んで、軽快なタッチが気に入りました。

 今読んでいる、池波正太郎 「仕掛人・藤枝梅安 六巻 梅安影法師」 と共に読んでいます。

 ここのところ、江戸時代の読み物に熱中していました。どちらも裏稼業ものです。

 
 

真空管ラジオ雑記 並四ラジオ 山電ラヂオの修理 2

Radio_01

 ケースはかなり傷んでいました。割れ、剥がれ、欠け、そして曲がりなどがありました。
 それらを接着、削り、補修などの修理をして、塗装をしました。
 前よりも淡い感じです。さらにもう一度塗り直して琥珀色にしたいと思っています。


Radio_02

 昭和9年と書かれた診査証です。診査をしたのは小林さんでした。

 修理をしていただいているのは、定年で仕事をリタイヤした三人の技術者の方々です。
 ケースの補修、塗り、シャーシと部品の検査・修理にと、三人は私以上に、昭和9年は俺たちよりも年上だと、この真空管ラジオに思い入れを持って修理をしています。
 とてもありがたく思っています。素晴らしい方々でした。


赤羽・赤羽根の地名を訪ねる旅、神奈川県三浦市初声町赤羽根を更新しました

Miurasi_05

 河津桜のかなたに富士山が見えました。


Miurasi_01

 京急線・三浦海岸駅前から小松が池公園の京急沿線に河津桜が咲いていました。菜の花の黄色と相まっていい雰囲気です。


Miurasi_07

 河津桜は濃いピンク色で、緋寒桜と早咲きの大島桜の自然交配種です。
                  

Miurasi_08

.
Miurasi_04

 メジロも飛びまわっていました。                     .

 神奈川県三浦市初声町に赤羽根の地名があります。神奈川県三浦市初声町赤羽根をご覧ください。

«暖かな日和に 赤羽八幡神社の「祈念祭」が斎行されました

無料ブログはココログ